So-net無料ブログ作成

【旅行31日目・その1】『モデルニスモ建築』を代表するサンパウ病院とカタルーニャ音楽堂へ [スペイン]

「【旅行30日目・その6】ホテル真裏の人気海鮮レストランで夕食」から続きます。

世界一周旅行31日目の8月9日。
スペイン・バルセロナに滞在しています。

この日は朝からコサ曲げ降ったり止んだりですが、地下鉄で出かけます。
ホテルそばのサグラダファミリア駅から乗車。
IMG_8145地下鉄サグラダファミリア.jpg
IMG_8146地下鉄車両.jpg

サン・パウ・ドス・デ・マイジュ駅で下車。
IMG_8147サンパウ.jpg

目的地はサン・パウ病院(Hospital de Sant Pau)です。
(パウとは聖パウロ、英語で言えばPaulです。)
「モデルニスモ」と呼ばれる20世紀初頭の新しい様式を代表する建物で、建築家、リュイス・ドメネク・イ・モンタネール(Lluis Domenec i Montaner)が手がけました。
1902〜30年に建てられ、最近まで病院として使われていたそうです。
IMG_8148サンパウ病院.jpg

天気がイマイチなので、早々に地下鉄で移動。
IMG_8150サンパウ地下鉄.jpg

カタルーニャ駅で乗り換えます。
IMG_8151地下鉄カタルーニャ.jpg
IMG_8152カタルーニャ.jpg

ウルキナオナ駅で下車し目的地へ。
IMG_8153ウルキナオナ.jpg

こちらがモデルニスモ建築の傑作と言われるカタルーニャ音楽堂です。
1905〜08年に建てられ、現在でもコンサートホールとして使われています。
ロビーまで入りましたが、午前中なのでコンサートなどは開かれていません。
IMG_8155音楽堂.jpg
IMG_8156音楽堂.jpg
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行