So-net無料ブログ作成

【準備計画編・その7】オーストラリアの『ビザ』を手配する [準備・計画]

「【準備計画編・その6】Expediaでホテルの予約に取りかかる」から続きます。

5月の連休明けに、世界一周航空券をワンワールドのウェブサイトで予約し、アメリカン航空(AA)で発券。
数日後に微調整して予約し直し、旅程がほぼ決まりました。

次の行ったのはExpedia(エクスペディア)を使った宿の予約です。
選択肢の少ないところからということで、クライストチャーチ空港を手始めに、ニュージーランド各地の宿から予約を入れて行きます。
ニュージーランドの前のオーストラリアは、以前訪れたことのあるシドニーなので、泊まったことのある宿も検討しましたが、より繁華街に近いスウィソテルにしました。

次に手配したのは、オーストラリアの入国に必要な『ビザ』です。
事前に「Electronic Travel Authority(ETA)」よ呼ばれるものが必要ですが、オンラインで手続き可能。
無料ですが、オーストラリア大使館のサイトから手続きすると、料金が1人20オーストラリアドル(約1,650〜1,700円)かかります。
クレジットカード支払いOKで、24時間以内に手続き完了です。

この他にも、各航空会社や旅行会社・代理店でも手続きを代行してくれて、料金に若干違いがあるようです。
(忘れていても直前でもなんとかなるみたいです。)

ちなみに、今回の旅行先8カ国中、事前にビザを取得する必要があったのはオーストラリアだけで、ほかに2カ国が「アライバルビザ」、つまり到着時に空港で取得できるビザが必要でした。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

【準備計画編・その6】Expediaでホテルの予約に取りかかる [準備・計画]

「【準備計画編・その5】発券後に航空便のスケジュールを微調整」から続きます。

ワンワールドで世界一周航空券を予約・発券し、数日後に微調整。
正規航空券なので、この後も必要があれば変更することにし、いったん旅程を確定します。

次にやるのは、航空券以外の予約。
航空券とともに旅行に必要なのは、宿の手配です。

10年ほど前から、2012年のメキシコ・キューバ以外の海外旅行はネットで予約手配しています。
航空券もホテル予約も、いろんなサイトを使ってきましたが、ここ数年はもっぱらExpedia(エクスペディア)を利用しています。
エクスペディアは、最近テレビCMを大量に出向していますね。

今回まず予約したのは、7月14日のクライストチャーチの宿です。
当初、市内中心部のホテルも見てみましたが、到着が深夜で、翌日はレンタカーを借りることがほぼ確定していたので、空港ホテルを予約することに。
そんなに選択肢はなさそうですし、料金的にもリーズナブルなので、迷う余地もなく、最初に予約を入れました。
それが、すでにブログでも紹介済みのスディマ・クライストチャーチ・エアポートです。
IMG_6924ホテル玄関.jpg

そのあと、その翌日に泊まるマウントクック近くのマッケンジー・カントリー・インを予約。
IMG_6936ホテル.jpg

さらに、クライストチャーチに戻って宿泊するモーテル、アーガイル・オン・ザ・パークという順番で予約しました。
IMG_6998アーガイルオンザパーク.jpg

航空便とホテルが決まると、いよいよ旅行気分が高まってきますね。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

【準備計画編・その5】発券後に航空便のスケジュールを微調整 [準備・計画]

「【準備計画編・その4】【準備計画編・その4】カードの限度額確認のうえアメリカン航空で『発券』」から続きます。

5月の大型連休明けにワンワールドの世界一周航空券を予約・発見したんですが、家人と詳細を検討していたらいくつか変更した方がよいということになりました。

img_OneWorldExplorer2.jpg【←ワンワールドのウェブサイト】


まず、出発は当初7月11日(水)だったんですが、夕方出発の便なので、これは前日の10日(火)でもいいだろう、と考えました。
実は7月8日(日)に自分が出演するザ・シンフォニカの演奏会があるので、それが終わってから、というのが出発日を決める重要な条件の一つでした。
演奏会を終えて、翌日や翌々日はちょっとあわただしいかな、と思ったんですが、夕方の便であれば自宅を出るのもゆっくりでいいので、1日早くていい、となりました。

また、途中の日程も1~2日ずらしました。
例えば、出発を早めたことに伴い、オーストラリアからニュージーランドに入る日程も1日早めましたし、南米での日程も少し調整しました。

また、今回の旅のハイライトの一つ、スペインの滞在をかなり延ばしました。
当初はマドリードとバルセロナの2都市だけの滞在のつもりで、両都市間は高速鉄道で移動する予定だったんですが、南部アンダルシア地方にも足を運ぶように変更し、レンタカーでの移動も組み込みました。
これによって、スペイン国内での移動は、高速鉄道ではなく、世界一周航空券とは別に国内線の航空便を利用することになりました。

こうした変更は、アメリカン航空に電話して手続する必要がありましたが、1,000円ほどの手数料で済みました。
e-チケットなので、メールで変更が送られてきて手続き完了です。

世界一周航空券については、この手続以降は大きな変更はしませんでしたが、旅行中に帰国便を1日延ばしました。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

【準備計画編・その4】カードの限度額確認のうえアメリカン航空で『発券』 [準備・計画]

「【準備計画編・その3】土壇場でルートを変更し西回りから東回りに」から続きます。

ワンワールド(日本航空やアメリカン航空、英国航空など)での世界一周航空券、西回りで検討していたのを土壇場で東回りに変更し、いよいよウェブサイトで予約入れました。

5月上旬のとある夜、自宅の端末(Macintosh)で予約したんですが、「24時間以内に購入・発見手続きをするように」とのことで、翌日の昼間にアメリカン航空に電話します。

2人分で100万円を超える金額なので、数日前にアメリカンエキスプレス(AMEX)のカードデスクに電話して、カードで決済しても問題ないことを確認してあります。
どのカードでもいいんですが、AMEXが高額の決済にも対応してくれそうなイメージがありますし、旅行保険も付いてくるので、海外旅行の航空券はいつもAMEXで購入しています。

アメリカン航空の窓口は、手続きはスムーズに進み、無事発券されました。
「発券」と言っても、e-チケットなので、登録してあるアドレスにメールで送られてくるだけ。

(結局、旅行中、プリントアウトしたe-チケットの控えをチェックインカウンターで見せることは一度もありませんでした。)

なんだか、昔のカーボン紙の航空券が懐かしいですね。
あれで世界一周航空券を発券してもらったらどんな感じになるんでしょう…。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

【準備計画編・その3】土壇場でルートを変更し西回りから東回りに [準備・計画]

「【準備計画編・その2】ワンワールド のサイトでルートを練る」から続きます。

今年初めくらいから、ワンワールド・アライアンスのウェブサイトを使って、旅行のルートを検討していたわけですが、4月には職場の人事異動があり、7~8月に休みを取っても問題なさそうなことがはっきりしたので、大型連休(ゴールデンウィーク)明けに、いよいよ具体的な手配を開始しました。

まずしなければならないのは、航空券の予約と発券です。
(各都市の訪問日程が決まらないと、宿の予約は現地での日程の検討にも入れないので…。)

実は、割と直前まで、西回りでルートを組み立てていました。
まずは香港、またはタイ・バンコクに飛んで、そこから中東・ヨーロッパ方面に向かうルートです。

しかし、予約を入れる直前に、逆の東回りに変更しました。
まずはオーストラリアに飛んで、そこからニュージーランドや南米方面に向かうルートです。

変更した最大の理由は、時差の関係で、日程を短縮できるため。
これに気づいたのは、ジュール・ヴェルヌの「80日間世界一周」のストーリーを思い出したからです。

八十日間世界一周 (創元SF文庫)

八十日間世界一周 (創元SF文庫)

  • 作者: ジュール・ヴェルヌ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1976/03/20
  • メディア: 文庫

お読みになったことがある方も多いと思いますが、この小説は、イギリス人の紳士が「80日間で世界一周できるか」という賭けをして、召使いを連れて旅行する話。
舞台は19世紀後半ですから、交通機関は主に船か鉄道。
スエズ運河を通って、インドや香港、日本を経由し、アメリカ大陸を鉄道(など)で横断して、イギリスに船で戻るのですが、途中、日付変更線を東に超えることで、1日「得をする」ことになります。
この「得をした」1日が物語のポイントになっているわけです。

日本からハワイに旅行すると、日付変更線を越えるので、同じようなことが起こります。
ハワイに向かう際、例えば金曜日の夜に成田や羽田空港を出発すると、同じ金曜日の午前中にホノルルに到着します。
時間が戻っている形になるので、「得する」ことになります。
ただし、帰りは逆向きに越えるので、例えば土曜日のお昼にホノルルを出発すると、成田/羽田着は日曜日の夕方だったりします。
時間を「損した」形です。

説明が長くなりましたが、今回の世界一周旅行にあたっても、どうせなら時間を「得する」方がよかろうと思い、土壇場で急きょ変更したわけです。
(正確に覚えていませんが、予約・発券の1週間くらい前だったと思います。)
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行