So-net無料ブログ作成

【旅行21日目・その1】豪華絢爛・コロン劇場を見学する [アルゼンチン]

「【旅行20日目・その3】夜はタンゴ劇場へ」から続きます。

旅行21日目の7月30日。
世界一周4カ国目のアルゼンチンもこの日が最後です。

午前中は、世界三大歌劇場に数えられるコロン劇場の内部を見学します。
ちなみに、残りの2つはミラノ・スカラ座と、パリのオペラ座だとのこと。
(「コロン」はコロンブスのことだそうです。)

本当は公演(演奏会やオペラ)に行きたかったんですが、スケジュール的に合うものがなかったので、見学だけにしました。

先に説明しましたが、アルゼンチン国民のほとんどが、ヨーロッパからの移民の子孫。
文化的にもヨーロッパの伝統を受け継いでいて、この劇場はイタリア人建築家が設計したのだそうです。
劇場の規模や豪華さを見ると「ヨーロッパに負けないように」という意気込みが伺えます。

アルゼンチンはクラシックの分野で世界的音楽家をたくさん輩出していて、現役ではピアニスト・指揮者のダニエル・バレンボイムや、ピアニストのマルタ・アルゲリッチ(アルヘリチ)らが有名です。

こちらが劇場の建物脇にある入り口。
IMG_7622劇場入り口.jpg

地元のオーケストラの演奏会ポスターが掲示されてます。
IMG_7623演奏会ポスター.jpg

ツアーに申し込んだ後、少し時間があるのでカフェでお茶して待ちます。
IMG_7620コロン劇場.jpg

こちらがロビーの様子。
なんだか由緒あってありがたい感じです。
IMG_7624劇場階段.jpg
IMG_7625劇場天井.jpg
IMG_7629劇場内部.jpg

いろんな音楽家の像が飾られています。

【ベートーヴェン】
IMG_7630ベートーヴェン像.jpg

【モーツァルト】
IMG_7632モーツァルト像.jpg

【リスト】
IMG_7633リスト像.jpg

【ワーグナー】
IMG_7634ワーグナー像.jpg

【ヴェルディ】
IMG_7636ヴェルディ像.jpg

写真の男性がツアーのガイド。
英語がペラペラというわけではなく、ちょっとつっかえながらの説明ですが、一生懸命さが感じられます。
IMG_7637ガイド.jpg

こちらがホールの内部。
IMG_7640劇場.jpg
IMG_7644客席.jpg
IMG_7645天井.jpg

ホール天井にも「ベートーヴェン」の文字が見えます。
IMG_7646ベートーヴェン.jpg
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。