So-net無料ブログ作成

【総括・反省編 その27】[Flight #11]ロンドン→カイロ・BA155便ボーイング787 [総括・帰国後]

世界一周旅行で搭乗したフライト、その11です。

【フライトNo.11】
バルセロナから乗り継ぎのロンドン・ヒースローに予定通り到着。
乗り継ぎ時間は約2時間半あるんですが、ターミナルが違うこともあり、結構あわただしく移動。
免税店とかまったく見る余裕ありませんでした。

ロンドン・ヒースロー→カイロ、BA155便。
機材はボーイング787-8で、シートはビジネスクラスの1J。
窓側の1Kにはエジプト人らしきとても素敵な女性が座っていたんですが、座席の間は離着陸時以外、仕切りで隔てられていたので、会話はできませんでした。

本来の出発時刻は17:30だったんですが、ヒースロー空港付近に雷雲が接近しているということで、機内に入ってから延々待たされました。
離陸前に機内食が提供されましたが、それでもなかなか出発できず、「これはフライトキャンセルかな?」と思ったところでようやく出発。
結局約2時間遅れでした。
フライト時間は約4時間45分。
本来8月10日の23:00カイロ着の予定でしたが、11日の01:00ごろになりました。

IMG_8210カイロ行きBA155.jpg
IMG_8211B787.jpg
IMG_8213機内食.jpg

前も書きましたが、約30年前にカイロに赴任した際は、成田からロンドン経由でカイロに向かいました。
成田→ロンドンは就航したばかりのヴァージン・アトランティック航空。
ロンドン→カイロは英国航空でした。
たぶん便名は今回と同じBA155便だったと思います。
ただし、当時はどちらの便もガトウィック空港でした。
機材はヴァージンがボーイング747、BAがロッキード・トライスターでした。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 2

YAP

BA のビジネスクラスは、前後向きが互い違いみたいに配置されてますね。
間のパーテーションを下げておけば、意外と二人旅でも使えそうですね。
by YAP (2019-09-02 08:12) 

Lionbass

YAPさま
家人は通路を挟んだ席にいたんですが、私の隣(窓際)は超ステキなエジプト人らしき女性だったので、パーティションがあるのが残念でした。(笑)
by Lionbass (2019-09-04 10:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。